ルイボスティー

グリーン・ルイボス茶

グリーンルイボス茶とは、緑色をしたルイボスで、爽やかな香りが特徴

グリーンルイボス茶は、名前のとおり、「緑=グリーン」色をしたルイボスのことです。

ルイボスには2種類あり、普通のルイボスと、グリーンルイボスです。 普通のルイボスは発酵されているので、茶色になっています。グリーンルイボスは発酵していないので、緑色です。

グリーンルイボス茶は、見た目のとおり、爽やかな香りが特徴です。ただし、グリーンルイボスは「生っぽさや、草っぽさ」という デメリットな味であるため、私はグリーンルイボスはあまりおすすめしていません。

一方、ふつうのルイボス茶は味がしっかりしているのが特徴です。味がしっかりしているので、どなたでも美味しく飲みやすいので、私は普通のルイボスがおすすめです。

参考までに、お茶にも、緑茶(グリーン)と紅茶があります。 両方とも同じお茶の葉から作られています。 ただし、製法が違うため、色が変わってきます。緑茶は茶葉を摘んだ後、すぐに熱を加えることにより、発酵過程をとめて、茶葉の色が緑色のままになります。 紅茶は、茶葉を摘んだあとに、熱などを加えないため、そのまま茶葉が茶色になっていきます。



ルイボスティー コラム


ルイボスティー 効能